本文へスキップ

新しい視点で○○○を活動する Kato Syuzan Gakuin

そろばんの使い方HOW TO USE

そろばんの使い方

【そろばんの使い方】




●基本は人指し指
そろばんを使うときに使う指は人差し指と親指ということは多くの方が知っているかもしれません。
わずか2本と非常にシンプルなのですが、小さなお子さんだと間違えることが多くあります。
また、指の使い方もまとめると事実はすごくシンプルなものです。
実はそろばんの指の使い方は一玉を置く以外はすべて人差し指を使うのです。
つまり、残りの五玉についてはすべて人差し指を使い、一玉を払う作業も人指し指で行います。
もうひとつ指の使い方が間違っている方に多いのが、一玉と五玉を払うときの順番です。
例えば6を払うときに、五玉と一玉をそれぞれひとつずつ払うのですが、払う順番は一玉⇒五玉となります。
間違った指の使い方としては親指で五珠を払う子が多くみられます。
その他では個人によって変わり、実に様々なクセがあります。






速算トレーニングで右脳を鍛えるそろばん教室加藤珠算学院





♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥

♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥

♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥

加藤珠算学院

〒226-0015
横浜市緑区台村町317-2F

TEL 045-933-1300